院長挨拶

永山医院は、この地に開業以来、常に患者さまの立場を第一に考え、質の高い医療の提供に努めてまいりました。

とりわけ、糖尿病には力を入れており、32年に及ぶ治療経験があります。いまや20代以上の男女約5人に1人は、糖尿病か糖尿病予備軍と言われています。さらに、その割合は高齢者になるほど高くなっております。当院では、患者さまには治療を続けながら、いかに「健康寿命」を長く保てるか、その問題に全力を注ぎたいと思っています。

また他には、漢方治療歴40年の実績があり、漢方製剤による保険診療もおこなっています。

永山医院は、これまでも、そして、これからも地域の医療機関として、皆様の声に耳を傾けながら、信頼のおける医療の提供に努めてまいります。

2016年8月3日 
院長 永山武州 
右上の額は、恩師・故桂重次教授から頂いたもので、 一生涯医学の勉強を続けなくてはいけないという教えです。
経歴等

・東北大学医学専門部卒業

・東北大学第二外科において博士号取得

・日本東洋医学会所属

pagetop